家庭

自由な時間が欲しい!家事を手伝わない(しない)夫が家事をしたらこうなった【実体験】

2020年5月13日

こんにちは。

 

共働きの家庭は誰しも家事をするのが大変ですよね?

私も出来る事ならやりたくありません。

 

私の家庭も共働きで子供3人を育てているので、家事はとても大変です。

 

「家事はやりたくない、自分の時間が欲しい」と思ってしまいます。

しかし誰かがやらないといけません。

 

それでも私は自分の時間が欲しいがゆえに家事を妻に頼みっぱなしで何もしていませんでした。

 

 

でも実は家事をするようになったら逆に自分の自由な時間ができましたという話です。

私のマダオっぷりがバレますが実体験です。

 

以前の自分、家事をしなかった理由

自分の時間が欲しい

私は仕事が終わって家に帰ったら趣味ややりたい事を優先していました。

夜ご飯を食べたらすぐにパソコンに向かったり、好きな事ばかりしていました。

 

「日中は仕事だし帰ってきて寝るまでの間しか出来ない。時間がない!」と思っていました。

そのため自分の時間が欲しいと強く思うようになり、家事は妻に頼みっぱなしでした。

 

 

面倒くさい

そのうえかなりの面倒くさがりな性格なので、一度座ってしまったらなかなか立ち上がる事をしませんでした。

結婚する前の一人暮らしの時は洗濯物をたたむなんて言語道断。

どうせまた着るのになんでわざわざたたむ必要あるの?

また着るなら干しっぱなしでもいいじゃん!

 

 

家事をしなかったらどうなったか

妻に負担が掛かり、機嫌が悪くなる

もちろん誰かがやらないとゴミ屋敷になってしまうので生活できません。

そのため妻が全てをやっていました。

 

今は妻もフルタイムで働いています。

もちろん妻も疲れも溜まっているし、自分の時間が欲しいのでどんどん機嫌が悪くなっていきます。

 

そのため妻も怒るようになり、余裕が無くなった妻は子供もよく叱るようになってきました。

もちろん私なんかには烈火の如く怒ります

 

家の雰囲気が悪くなる

いつもの流れ

  • 家事に追われる妻、自分の事をしている俺、好きな事をする子供達。
  • 怒る妻、怒られながらも自分の事をしようとする俺、それを見ている子供。
  • 喧嘩をする親、それを見ている子供。

 

 

 

これはかなり家の雰囲気悪い。

 

しかも妻も子供と接する時間が取れない。

 

家庭環境に難があり、子供の成長の妨げになってしまう。

 

※やらない自分が悪いのは重々承知していましたがそれでもやりませんでした。(汗)

 

ますます自分の時間が取れなくなる

家事を任せっぱなしにして、自分だけ好きな事をしていると後ろめたさや罪悪感がでできます。

とても気まずいです…。

 

そのため好きな事をするのに躊躇してしまいます。

私の場合はパソコンの電源を入れるのに躊躇して、パソコン付近でずっとふらふらしていました。

 

 

ますます無駄な時間を過ごしている事になります。

 

そしてやる事がなくなった私はとうとう家事をするようになります。

 

 

家事をするようになったらどうなったか

 

妻の機嫌がよくなる

家事をするようになると妻の負担も少なくなり、妻も自由な時間や子供との時間が増えてきます。

 

そして一緒に家事をしているとお互い仲間意識のようなものも生まれます。

 

そして妻の機嫌もよくなり家の雰囲気も良くなります。

脱!家庭環境に難あり!

 

 

家事が早く終わり時間ができる

家事は一人より二人でやった方がもちろん早く進みます。

したがって家のやるべき事が早く終わり、何もないフリーな時間ができるようになります。

 

大事なのはすべての家事が終わり完全にフリーな時間になる事です。

心置きなくやりたい事が出来ます。

 

 

子供の模範になれる

宿題や歯磨きなど子供にもやるべき事があります。

 

今までは私みたいに何回も言われなければ動かなかった子供たちも、早く宿題や歯磨きをしてくれるようになりました。

子供達自身も好きなアニメを見たり遊びをするには、先にやるべき事をやらないとダメって事が分かってきます。

 

子供も家事を手伝ってくれるようになった時は感動しました。

 

 

家事に対して追及したくなる・楽しくなる

食器を洗っているうちに

「もっとこうした方が効率良いな、この皿使わないで違う盛り付け方したら洗い物も少なくなるな。」

洗濯物を干しているうちに

「このパターンの服はこっちに干した方が乾きやすいな、こうすると早くて綺麗にたためるな。」

掃除をしているうちに

「これ系の汚れならこの成分だと楽に落ちるな。今日はこんだけゴミが取れたな。」

晩ご飯を作っているうちに

「今度アレを作ってみよう、もっと切るの上手にならないかな、家でアレが作れたらいいな。」

 

といった感じで追及していくようになり、だんだん楽しくなってきます。

今では人がやっているのを見ていいると代わってやってあげたいくらいです。

そして人に教える時も鼻が高いです。(結構ドヤれます。)

 

料理は特に奥が深いことが分かり、今では趣味になりそうです。

食べた人が「おいしい!」と言ってくれるととてもうれしいものです!

 

 

まとめ

今までは家事をそっちのけにして自分の時間を作ろうとしていました。

しかしそれが間違っていました。

 

逆に家事を率先してやった方が自分の好きな時間ができます。

家の雰囲気がよくなり、好きな事を心置きなくできるはとても有意義でやりたい事もはかどります。

 

また家事をしているとその中から新たな目標や趣味ができたりします。

子供の模範にもなります。

 

家事はしたくない、でも自分の時間が欲しいという私みたいな旦那さんはぜひ率先して家事を手伝ってみてください。

 

 

ポイント

  • 家事をしないと妻の負担が増え、ストレスがたまり家の雰囲気が悪くなる
  • 手伝うことで早く終わり完全なフリーな時間が出来る
  • 家事をしているとだんだん追及していくようになり、結構楽しくなる

 

 

 

すみませんがそんなところで!

 

 

またねっ!

  • この記事を書いた人

はるさん

とにかく何かしたがり系ブロガー。 本職は建築です。 今日も社会に揉まれています。 アウトドアやカメラが大好きな3児の父です。

-家庭

© 2021 みんな、今日どうする? Powered by AFFINGER5